韓国左派・市民メディアのニュース

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Com(-) ] [ Tb(-) ] [ top↑ ]

ハンギョレ社説「北朝鮮の水害の復旧に実質的な支援を」

(2007年8月17日 ハンギョレ社説)

北朝鮮は昨年に続き、今年も深刻な水害に見舞われた。少なくとも数百人が死亡し、数十万の被災者が発生した。耕作できる農耕地の 70%が水浸し、ただでさえ脆弱な食糧事情がさらに悪化するのは明らかだ。保健所の半分が倒れ、橋・鉄路・発電所・高圧電流塔・炭鉱などの輸送・エネルギー・通信施設なども大きい被害を受けたという。水害による伝染病と農作物の病害虫など二次被害も憂慮されている。北朝鮮一国だけでは抜け出せない国家的災難である。

北朝鮮の緊急援助の要請に従い、国連など国際社会も迅速に動いている。韓国政府は昨日ラーメン・生水などの食糧と炊事道具、生活用品、薬品など 71億ウォン相当の物品を緊急支援することを明らかにした。対北協力民間団体協議会などの民間団体は、寄付募金と共に自己資金で緊急援助に出た。与・野党政党も支援に積極的だ。北朝鮮のミサイル発射が人道支援の障害になった昨年とは異なり、今年は声を一つにして支援に出だけでも幸いだ。

北朝鮮で毎年大きな水害が発生することは、治水がそれほど進んでいないからだ。韓国も 1980年代までは同じような状況であった。夏になれば全国のどこかで水害が起き、国民は年中行事のように献金をした。現在状況が大きく改善したのは治水関連の社会的基盤施設に一貫して関心を傾けたためだ。北朝鮮はまだそれ以前の段階にある。当分は水害を予防できるはっきりとした対策はないという話だ。

北朝鮮への人道支援を越え、韓国は今回の水害を北朝鮮の社会的基盤施設への投資のきっかけとして真剣に考えなければならない理由もここにある。政府はこれから水害復旧に必要な資材と装備などを送る予定だが、このような支援を一回きりにしては大きな效果はない。政府は復旧計画を立てる時点から北朝鮮と積極的に協議し、復旧過程がすぐに社会基盤施設への投資になるようにする必要がある。両政府がどのように条件を作るかにより、韓国の民間企業の参加規模が大きく変わるだろう。

韓国政府は近々開かれる南北首脳会談を通して、朝鮮半島経済共同体及び平和体制論議が大きく前進することを期待している。正しい方向だ。災害に対処する共同の努力はこのような論議の最も基礎的な部分だ。水害復旧の協力は、次の会談が良い成果を生むことに寄与するだろう。
http://www.hani.co.kr/arti/opinion/editorial/229673.html
スポンサーサイト
[ コメント (2) ] [ トラックバック(0) ] [ top↑ ]
- エントリー -

♪ 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

From: * 2011/12/08 06:58
* [Edit] * page top↑

♪ 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

From: * 2012/10/31 14:12
* [Edit] * page top↑

- 投稿エリア -



Pass:  管理者にだけ許可:   

 記事 [ ハンギョレ社説「北朝鮮の水害の復旧に実質的な支援を」 ]  トラックバック

- エントリー -


この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)

最近の記事
プロフィール

高田真知 たかだまさとも

Author:高田真知 たかだまさとも
韓国の左派・市民メディアの記事を紹介します。21世紀を一緒に考える仲間募集中です。korea-newsアットhotmail.co.jp

最近のトラックバック
最近のコメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。